ゆっくり人生

不登校や引きこもりを経験しながら、現在は研究者の登竜門的存在である日本学術振興会 特別研究員(DC1)を務める大学院生のブログ

【Nintendo Switch】リングフィットアドベンチャーを即飽きて投げ出した理由【三日坊主】

2019年10月に発売され、未だ売れ続けているNintendo Switch用ソフト、それがリングフィットアドベンチャー

発売直後から大人気で品薄状態が続きましたが、コロナ禍で運動不足を気にする人が増加したことも拍車をかけ、自宅でゲームをしながら運動ができるこのソフトがロングヒットしています。

僕は幸いにも2020年の1月頃、つまり日本にコロナがやってくる前にAmazonで定価で売っているもの(つまり転売ではない正規販売品)を奇跡的に発見し、即ポチって購入しました。

 

それから1年半経過した訳ですが、これまでのプレイ回数は10回前後

見事に三日坊主で投げ出しました

 

「リングフィットアドベンチャーのおかげで、ゲーム感覚で運動を続けることができた結果、ダイエットに成功しました」という声が数多くある中、なぜ自分は三日坊主で投げ出したのかについて真面目に考察しました。

 

 

①ゲーム好きとしてゲーム性の低さに不満

最近はシャドウバースくらいしかできていないのですが、僕は結構ゲームが好きで、ポケモンやらFF、モンハン、デレステ、PUBG mobileを、日常生活に支障をきたすほどハマってプレイしていたことがあります。

緻密に作られたコンシューマーゲームから中毒性の高いソシャゲまで、面白いものは楽しくプレイしてきた訳ですが、正直それらに比べるとゲーム内容が面白くないんですよ

 

フィットネスをすることで敵にダメージを与え倒して進んでいく、というのがリングフィットアドベンチャーの基本です。

フィットネスはいろんな種類があり、それぞれ属性があって、敵の弱点属性となるフィットネスをすることで効果的にダメージを与えられる訳ですが、属性の数は少なくポケモンのような深さも駆け引きもありません。

 

そしてストーリーも全く引き込まれません。ご都合主義すぎる。

リングフィットアドベンチャーは、結局のところライトゲーマー層向けのゲーム性なので、ゲーム経験がある程度ある人には面白いものだとは感じられないかもしれません。

 

 

②一人暮らしの集合住宅には不向き

フィットネスをするには、当然広いスペースが必要です。 

それを一人暮らしの部屋で確保するのは難しいです

僕の部屋の場合、椅子やテーブルを動かすという手間をかける必要がありました。

 

また、このゲームではその場で走ることによってステージを進んでいく必要があったり、大きな音を立ててしまうフィットネスもあったりと、集合住宅だとご近所トラブル(特に下の階)に繋がりかねない運動が要求されます。 

住居環境が揃っていないと気兼ねなくプレイするのは難しいゲームと言えるでしょう。

 

 

③自分にとってジョギングの方が気持ち良い

これが最大の理由です。僕にとってジョギングをすることは全く苦ではないんですよ

リングフィットアドベンチャーの方が運動の幅は広く、フィットネスによって鍛えられる部位が違うという利点はあると思います。

 

しかし、ジョギングの方が日常生活に役立つ筋力であったり肺活量であったりは強化できると僕は感じました。

また、部屋にこもって運動をするより、屋外で運動した方が空気が綺麗。

(自分の部屋掃除が行き届いていないだけ)

 

リングフィットアドベンチャーをするかジョギングをするかで悩んで、最終的にジョギングが勝ちました。 

そのため、リングフィットアドベンチャーをやらなくとも運動不足には陥っていません。

 

 

結論:身体を動かすことが好きなゲームオタクは、好きなスポーツをして運動不足を解決しよう

多少なりともゲームに対して目が肥えており、元々運動もしてるよって人にはリングフィットアドベンチャーは長続きしないかもしれません。

 

そうじゃない人には間違いなくオススメのゲームです

現在も売れ続けてはいるようですが、品薄状態ではないので是非購入を検討ください。

 

僕のリングコン(専用コントローラー)は長いこと部屋の隅に追いやられています。

もうやる予定もないし、中古でもそれなりに出回ってきているし、家族に譲ろうかな…

 

おしまい

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このブログを書いているユモクのプロフィール記事です。 

yumoku-slowlife.com

 

Twitterもやってます。更新情報や日頃の呟きをマイペースに更新中。