ゆっくり人生

不登校や引きこもりを経験しながら、現在は研究者の登竜門的存在である日本学術振興会 特別研究員(DC1)を務める大学院生のブログ

学振

「日本学術振興会 特別研究員」制度に関する説明・採用のコツなどをまとめています。

【学振】日本学術振興会 特別研究員(DC1)の給与20万円の支出内訳を公開。意外とお金ないです

どうも、ユモクです。 タイトルにあるように、僕は「日本学術振興会 特別研究員(DC1)」に採用されている博士課程の大学院生です。 「『日本学術振興会 特別研究員』って何?」という方は下記記事を読んでみてください。 yumoku-slowlife.com 本記事を読むに…

【学振】国民健康保険に加入しました。手続きや注意点について

どうも、ユモクです。 いきなりですが、先日国民健康保険に加入しました。 僕が採用されている「日本学術振興会 特別研究員」は、月額20万円の給与が発生しつつ、「日本学術振興会から給与はいただいているが、雇用関係はない」という不思議な関係のためです…

【学振】給料をもらいながら博士課程進学できる「日本学術振興会 特別研究員」ってどんな制度?

どうも、ユモクです。 僕の肩書きに「日本学術振興会 特別研究員(DC1)」がありますが、馴染みのない方も多いと思います。 ただ大学院生、特に博士課程の人間にとっては非常に重要な肩書き、喉から手が出るほど欲しいものです。 研究の道を志そうといろいろ調…

29歳でやっとまともな給料をいただけるようになり、思うこと(感謝・学振の制度について)

どうも、ユモクです。 先週、5月20日は令和3年度採用の日本学術振興会 特別研究員にとって、初めて給与(研究奨励金)が振り込まれる日でした。 採用初年度は4月に振り込みはなく、その代わり5月に2ヶ月分振り込まれるということで、DC1の僕は20万円×2(厳密…